Blog

スリランカ・マッコウクジラスイム/マッコウクジラ撮影取材の同船枠のお知らせ(4〜5月)

2014年02月11日 News

 

 

■「マッコウクジラ撮影取材の同船枠のお知らせ(4〜5月)スリランカ/マッコウクジラ・スイム」

 

 

 

★お問い合せ多数のため、早めに埋まってしまう可能性もあります。ご予約はお早めにどうぞ★

 

 

★オンラインサロンを新しく作りました。普段の投稿では公開しない、最新情報、撮影先の裏話&裏写真、公開前のプロジェクトやコラボ、海外リサーチの進行状況、サロン限定イベント、今回のホッキョククジラ撮影の詳細などもどんどんアップしていきますので、ご興味のある方はぜひどうぞ!🐳↓

 

「Blue Water 〜丸山太一クリエイティブサロン」

https://camp-fire.jp/projects/view/167902

 

 

 

年数回にわたって、クジラの撮影取材で、スリランカへ定期的に通っています。

 

 

毎回、その同船枠を設けて、同船希望者の方を受け入れさせて頂いています。

 

 

海の最大級の生物を間近で観ることができる体験は、人生で忘れれない素晴らしい体験になることと思います。(ダイビングではなく、シュノーケルでの水中観察になります)

 

 

(※ルール上では、スリランカでの許可がないクジラに対しての水中アプローチは禁止されています。毎回、撮影は現地政府機関の特別許可を得て、経験豊富なサポートチームを組んで、クジラや安全に配慮して行われています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運が良ければ、この時期、2〜300頭近くのマッコウクジラが集まる「スーパーポッド」に出会える可能性もあります。

 

 

 

 

 

 

縦になって寝ているマッコウに出会えることも。

 

 

 

 

マッコウクジラだけでなく、シロナガスクジラや、たまにシャチ、コビレゴンドウ、イルカにも出会える可能性もあります。

 

(※2020年3月最終週&4月第1〜2週目はシャチとヒョウを探しにいくスペシャルウィークを検討しています。参加ご希望の方は別途お問い合わせ下さい)

 

(※シロナガスクジラ狙いの回もあります↓(2〜3月/8〜9月/10〜1月)」

http://taichi-maruyama.com/blue-whale-trip/

 

 

マッコウとシロナガスを両方同時に観れる海は、世界的に観ても稀にみる場所だと思います(※シロナガスが観れるのは4月上〜中旬くらいまでで、それ以降はマッコウのみです)

 

 

 

オスのシャチ

 

 

 

安全に十分配慮しての水中観察もします

 

 

 

コビレゴンドウの群れ

 

 

 

 

 

また、近くの国立公園のサファリで野生のゾウやヒョウも観れるチャンスがあります。

 

(※2020年3月最終週&4月第1〜2週目はシャチとヒョウを探しにいくスペシャルウィークを検討しています。参加ご希望の方は別途お問い合わせ下さい)

 

海の最大級の生物/クジラと、陸の最大級の生物/ゾウ、両方に出会える場所は、世界中を観ても他にはないのではないでしょうか。

 

 

DPP_0162-1

 

 

DPP_0186-1

 

 

行きか帰りに全員の同意があれば、スリランカ一の世界遺産/シーギリヤ・ロックに寄ることも可能です。

 

「世界遺産/シーギリヤ・ロック」

http://taichi-maruyama.com/blog/sigiriya910/

 

 

 

 

 

 

※下記で、同船枠に参加された方たちの感想をご紹介したいと思います↓

 

 

「シロナガス&マッコウクジラ撮影取材、同船枠の参加者の方たちの声」
http://taichi-maruyama.com/blog/bluesperm412/

 

 

 

 

 

 

3C6A3125-1

 

 

 

 

🐳2019年5月には「世界の果てまでイッテQ!/オーシャンズ金子・シロナガスクジラを追え! in スリランカ」で特集されました。

 

 

 

 

 

★日時★

 

 

※お問い合せ多数のため、早めに埋まってしまう可能性もあります。ご予約はお早めにどうぞ↓

 

 

2019年4月 1日(月曜)〜 4日(木曜)(第1週目)※予約受付中※
2019年4月 8日(月曜)~11日(木曜)(第2週目)※予約受付中※
2019年4月15日(月曜)~18日(木曜)(第3週目)※予約受付中※
2019年4月22日(月曜)〜25日(木曜)(第4週目)※予約受付中※

(※2019年4月第1週目&第2週目はシャチとヒョウを探しにいくスペシャルウィークを検討しています。参加ご希望の方は別途お問い合わせ下さい)

 

2019年4月29日(月曜)~5月2日(木曜)(第1週目)※予約受付中※
2019年5月 6日(月曜)~  9日(木曜)(第2週目)※予約受付中※
2019年5月13日(月曜)~ 16日(木曜)(第3週目)※予約受付中※
2019年5月20日(月曜)~ 23日(木曜)(第4週目)※予約受付中※

 

 

2020年3月23日(月曜)~26日(木曜)(第7週目)※予約受付中※

 

2020年3月30日(月曜)〜 2日(木曜)(第1週目)※予約受付中※
2020年4月 6日(月曜)~ 9日(木曜)(第2週目)※予約受付中※
2020年4月13日(月曜)~16日(木曜)(第3週目)※予約受付中※
2020年4月20日(月曜)〜23日(木曜)(第4週目)※予約受付中※
2020年4月27日(月曜)〜30日(木曜)(第5週目)※予約受付中※

(※2020年3月第7週目&4月第1週目&第2週目はシャチとヒョウを探しにいくスペシャルウィークを検討しています。参加ご希望の方は別途お問い合わせ下さい)

 

2020年5月 4日(月曜)~ 7日(木曜)(第6週目)※予約受付中※
2020年5月11日(月曜)~14日(木曜)(第7週目)※予約受付中※
2020年5月18日(月曜)~21日(木曜)(第8週目)※予約受付中※

 

 

(※複数週の連続参加も可能です。水中観察される方優先ですが、船上観察だけの方も可能です。また上記日程の前後であれば、別途追加で船を出すこともできます。ご相談下さい)

 

 

★大勢で海に入るところもあるようですが、大勢で一気に行くと一瞬でクジラは逃げてしまうので、自分は最大2〜4名の少数精鋭で丁寧にご案内しています。少数だとクジラに近づけることも多く、より多くの時間観察するチャンスが増えます★

 

 

★参考日程★

 

 

通常4日間コース(クジラは水中で満足いく形で観るには最低でも3~4日間は必要です。このスケジュールで短期3日間コースも可)

 

1日目(土曜)昼頃にスリランカ航空などで成田から出国。スリランカ国際空港近くで宿泊。
2日目(日曜)現地へ移動。夜辺りにクジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ。
3日目(月曜)チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)
4日目(火曜)同上
5日目(水曜)同上(希望者が集まればいずれかの午後にエレファントサファリに行く手配をすることも可)
6日目(木曜)同上(短期3日間コースの方は予備日/自由行動日)
7日目(金曜)予備日/自由行動日(またはこの日で解散も可)
8日目(土曜)国際空港へ移動。夜にスリランカ出国(または前日に出国、この日に帰国も可。全員の同意があれば帰りにシーギリヤロックに寄るのも可)
9日目(日曜)朝頃、成田に帰国。

 

※参考日程の詳細は下記でどうぞ↓
http://taichi-maruyama.com/blog/schedule/

 

 

短期3日間コース(直行便で土、日、月、木曜出発/経由便なら何曜日でも出発可。ちょっとタイトですが、お忙しいorお安く行きたい方のために。最短5日間可)

1日目 昼頃にスリランカ航空などで成田から出国。スリランカ到着後、そのまま現地へ移動。深夜0時前後に現地ホテル着。
2日目 チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)
3日目 同上(希望者が集まればいずれかの午後にエレファントサファリに行く手配をすることも可)
4日目 同上(海から帰ってきた後、そのまま空港へ、深夜前後に出国も可)
5日目 予備日/自由行動日(またはこの日で解散も可)
6日目 国際空港へ移動。夜にスリランカ出国(または前日に出国、この日に帰国も可。全員の同意があれば帰りにシーギリヤロックに寄るのも可)
7日目 朝頃、成田に帰国。

 

 

自分と日程が合う方は、成田空港から現地までや現地から帰国までなどで同行して頂くことが可能です。自分が同行できない場合でも、同じ週の希望者の方同士で、成田空港から現地までの車や宿などを一緒にして来て頂くサポートをすることは可能です。

 

(ツアーではありませんので、基本的には現地集合/現地解散も可。最短でこのためだけに来て頂くことも可能ですし、この前後のご自分の旅行に組み入れて頂くことも可能かと思います。航空券、宿泊先、移動車などの予約のサポートも可)

 

 

★参加費用★

 

具体的な費用の詳細は下記のお問い合わせ方法でお問い合わせ頂いた方にお知らせしています(※団体割引制度などがありますので、ツアー主催者様/旅行会社様などはその旨を明記して頂いて、別途お問い合わせ下さい)

 

 

★お問い合わせ方法★(※これはまだ本申込ではないですので、気軽にお問い合わせ下さい)

 

●お名前
●返信用メールアドレス(PCのアドレスが望ましい。※書き間違いにご注意下さい※)
●ご希望の参加日時(書ける方は第2~3希望くらいまで書いて頂けると助かります)
●この募集を最初にお知りになった場所(正確に教えて頂けると参考になり嬉しいです)
●自己紹介(なくても結構ですが、書いて頂けると参考になり嬉しいです)
●その他(質問などあれば)

 

※上記を明記して頂き、下記のメールアドレスにお送り下さい。

tajin@taichi-maruyama.com

 

 

その後、より具体的な情報/費用/本申込の方法などのより詳しいお知らせをお送りしていきます。そして、本申込をされて、ご予約金をご入金頂いた方から、予約確定になり、席を確保させて頂きます。

 

(※返信が迷惑メールフォルダに入ってしまう方がたまにいますので、そちらもしっかりとご確認下さい)

 

 

 

 

★シロナガスクジラ狙いの回もあります★

「シロナガスクジラ撮影取材の同船枠のお知らせ(3〜4月/8〜9月)」

http://taichi-maruyama.com/blue-whale-trip/

 

 

★マッコウやシロナガスを撮影するだけではなく、その写真や映像、
経験などを、作品やなんらかの形に昇華させようとも思ってい
ます。色々な業界の方とコラボできればと思っています。学術、
旅行、写真、映像、広告、アート、音楽、メーカー、出版、放送、
関係などの方々で、直感的にピンと来てくれた方がいましたら、
コラボしたい内容とともに下記に気軽にメッセージ下さい★

tajin@taichi-maruyama.com

 

(あまり撮影されたことがない貴重なマッコウやシロナガスの水中写真
/映像を多数所持しています。貸し出し/広告使用/購入依頼など
もお気軽にどうぞ)