Blog

スリランカ・ホエールスイム参考日程詳細

2018年07月03日 Blog

 

■ 「スリランカ・ホエールスイム参考日程詳細」

 

 

 

★参考日程★(最短の場合)

 

1日目(土曜)昼頃にスリランカ航空などで成田から出国。スリランカ国際空港近くで宿泊。
2日目(日曜)現地へ移動。夜辺りにクジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ。
3日目(月曜)チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)
4日目(火曜)同上
5日目(水曜)同上
6日目(木曜)同上
7日目(金曜)予備日/自由行動日(またはこの日で解散も可)
8日目(土曜)国際空港へ移動。夜にスリランカ出国(または前日に出国、この日に帰国も可)
9日目(日曜)朝頃、成田に帰国。

 

 

 

★1日目(土曜)昼頃にスリランカ航空などで成田から出国。スリランカ国際空港近くで宿泊★

 

 

 

 

ご希望の方は同じ週の方同士で成田空港/スリランカ航空チェックインカウンター前で待ち合わせをしてもらって、現地まで一緒に来て頂くことができます(自分の出国便と帰国便が同じの方は同行可能です。現地集合/解散で、その前後でお自分で旅行されても問題ありません)

 

 

 

 

成田から8〜9時間でコロンボ空港に到着します。最後のゲートを抜けたあたりで初日のホテルに連れていってくれるドライバーさんが待っています。

 

スリランカでの移動などを全て任せている初日のホテルのスタッフはみんな日本語がペラペラなので、安心かと思います。

 

 

 

★2日目(日曜)現地へ移動。夜辺りにクジラの水中観察方法の説明/打ち合わせ★

 

 

朝、初日のホテルが用意してくれる車に乗って現地へと移動開始します。

 

 

 

 

現地ホテルに到着。予算に応じて安宿から高級ホテルまで揃っていますので選択可能です。

 

 

 

★3〜6日目(月〜木曜)チャーター船でクジラ探索/見つけ次第、水中及び船上観察(1日6時間前後)★

 

 

 

 

朝方、海に出て、クジラ観察。帰ったきた午後は自由時間でビーチでゆっくりしたり、アーユルヴェーダをうけたり、近くの観光地に行ったりと自由行動です。夜はみんなで美味しいレストランで食事をします。

 

 

 

 

 

★7日目(金曜)予備日/自由行動日(またはこの日で解散も可)★

 

 

1日、自由行動日になります(海のコンディションが良くなかった場合、この日が振替日になります)自由に観光してもらったり、8〜9月の時期はエレファントギャザリング・サファリに出かけたりします。(ご希望の方は追加料金でこの日もクジラ観察で海に出ることもできます)

 

 

 

 

 

★8日目(土曜)国際空港へ移動。夜にスリランカ出国(または前日に出国、この日に帰国も可)★

 

 

初日のホテルが用意してくれた車で空港に移動します。途中や空港でお土産も買う時間もあるかと思います。

 

 

 

 

 

★9日目(日曜)朝頃、成田に帰国★

 

 

おつかれさまでした!帰国便は夜なので朝、起きたらもう日本で、あっという間に着くと思います。

 

 

 

 

 

 

🐳シロナガスクジラ・スイム&マッコウクジラ・スイムを開催しています🐋

 

(※問い合せ多数のため早めに埋まってしまう可能性もあります。ご予約はお早めにどうぞ↓)

 

 

★シロナガスクジラ&マッコウクジラ・スイムのお知らせ(3〜4月/10〜11月)★

(※参加費も改定して、よりお得になりました。人気のためご予約はお早めにどうぞ↓)

http://taichi-maruyama.com/blue-whale-trip/

 

 

★シロナガス・スイムとエレファントギャザリング・サファリが合わせて出来る回もあります(8〜9月)★

(※陸と海の最大級の生物をセットで観れるおすすめの回です↓)

http://taichi-maruyama.com/news/sperm-elephant-trip/

 

 

★マッコウクジラをより狙いやすくなる回もあります(4〜5月)★

(※運が良ければシャチや2〜300頭のマッコウクジラが集まるスーパーポッドに出会える可能性も↓)

http://taichi-maruyama.com/news/spermwhale-trip/

 

 

 

★実物大展示が可能なシロナガスクジラの全身合成画像を制作しています★

 

これから国内外の博物館、水族館、美術館、公共施設、イベント、広告、
出版、放送、学術関係などに納入/活用して頂くことを検討/予定しています。

シロナガスクジラの画像のこのような試みとしては、おそらく世界初だと
思われます。印刷だけでなく、巨大プロジェクターや大きな壁面への投影
での展示も可能かと思います(横25メートル×縦5メートル前後)↓

 

「実物大展示が可能なシロナガスクジラの全身合成画像制作プロジェクト」
http://taichi-maruyama.com/blue-whale/