Blog

シロナガスクジラのウンチ笑

2017年03月17日 Blog

 

■ 「シロナガスクジラのウンチ笑」

 

 

 

 

シロナガスクジラのウンチ笑

 

 

 

驚くほど鮮やかなオレンジ色なので、初めて観る方は皆さんビックリします笑

 

 

 

オキアミのオレンジ色なのですが、こっちのシロナガスはカリフォルニア湾のように水面で横になって捕食するのではなく、深く潜ってどうやら捕食しているようです。こっちで横になって捕食しているのを観たのは5年ほど通っていて過去一度だけ。

 

 

 

アゾレス諸島でも、ここ同様にシロナガスが集まる場所があるのですが、そこで潜水艇で調査が行われて、水深2〜300M付近でオキアミが大量発生している層が見つかったことがあるようです。

 

 

 

そこ同様に、ここでもシロナガスはこの時期と夏の時期に発生するそのオキアミの層を求めて、年2回ほどここ周辺の海に集まって、潜ってどうやら捕食しているのではないかなと思っています。

 

 

 

(※撮影は現地政府機関の許可を得て、経験豊富なサポートチームを組んで、クジラや安全に配慮して行われています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★シロナガスクジラ撮影取材の同船枠の受付を始めています★

(※問い合せ多数のため早めに埋まってしまう可能性もあります。ご予約はお早めにどうぞ↓)

 

 

★シロナガスクジラ撮影取材の同船枠のお知らせ(3〜4月)★

(※予約受付を始めました。人気のためご予約はお早めにどうぞ↓)

http://taichi-maruyama.com/blue-whale-trip/

 

 

★エレファント・ギャザリングもあわせて観れる回もあります(8〜9月)★

(※陸と海の最大級の生物をセットで観れるおすすめの回です↓)

http://taichi-maruyama.com/news/sperm-elephant-trip/

 

 

★マッコウクジラがメインで狙いやすくなる回もあります(4〜5月)★

(※運が良ければシャチや2〜300頭のマッコウクジラが集まるスーパーポッドに出会える可能性も↓)

http://taichi-maruyama.com/news/spermwhale-trip/

 

 

 

★実物大展示が可能なシロナガスクジラの全身合成画像を制作しています★

 

これから国内外の博物館、水族館、美術館、公共施設、イベント、広告、
出版、放送、学術関係などに納入/活用して頂くことを検討/予定しています。

シロナガスクジラの画像のこのような試みとしては、おそらく世界初だと
思われます。印刷だけでなく、巨大プロジェクターや大きな壁面への投影
での展示も可能かと思います(横25メートル×縦5メートル前後)↓

 

「実物大展示が可能なシロナガスクジラの全身合成画像制作プロジェクト」
http://taichi-maruyama.com/blue-whale/